口内炎の原因と治療ガイドについて

 口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といいます。口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、ご飯がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。ここでは、口内炎の基礎知識として、口内炎の症状、原因、治療・治し方、口内炎を起こす疾患について紹介しています。また、口内炎の種類にもいくつかありますので、治し方もそれぞれです。症状がひどい場合には、自分だけで判断せずに、病院で専門家の診断を仰ぐのも良いでしょう。

口内炎でお悩みの方へ
日本の名医50人にも選ばれた福辻鋭記が、今まで明かされなかった口内炎の根本治療法を初公開!この治療法は、ビタミン剤を飲まなくても、ぬり薬を付けなくても口内炎を克服でき、しかも再発することもありません。体質よりも食事よりも大切な事とは?
口内炎の原因と治療ガイド 新着情報

口内炎についてご紹介します。口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症です。これらをまとめて「口内炎」といいます。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的だといわれています。アフタ性口内炎は、表面が白っぽく窪みがあって周りが赤い円形または楕円形の潰瘍です。そして、痛みを伴い、一度に1個~数個くらいできます。その他にも、口の中で、歯ぐきなどが赤く腫れてしまったり、水ぶくれができる水泡や皮膚がただれてしまうびらん、アフタ性口内炎のような潰瘍、炎症部分を白色や黄白色の膜が覆う偽膜などができたりします。

口内炎は、口の中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯ぐき、舌というようにどの部分にでもできます。乳幼児から高齢者まで幅広く発症してしまい、原因は、口の中を誤って噛んでしまったり、体力の低下やビタミンなどの栄養不足、口腔内が不潔であるなどが考えられます。その中には、ウィルスやカビやアレルギーなどが原因の口内炎もあります。口内炎は、痛みを伴ってしまうため飲食や会話など、日常生活に必要なことに不快を感じることがあります。食事や飲み物を摂るときに、しみたりして、その場所によっては、会話などで口を動かす度に痛みを感じてしまい出血することもあります。

ほとんどの口内炎は、1週間から2週間ほどで治ります。しかし、辛い症状なので、発症しないように、予防することが大切です。口内炎を予防するためには、口の中を清潔に保つようにして口の中を硬い歯ブラシなどで傷つけないように気をつけます。規則正しい生活をして、ストレスをためないように心がけましょう。また栄養バランスのとれた食事も大切ですので、特に、ビタミンB群やビタミンCを多く摂るようにしましょう。

肝臓の全体からみて約80%は壁(膜)で仕切られている部屋の構造となっています。人間の免疫力や抵抗力などを生み出すための中心となる臓器は肝臓です。その恒常性の維持に関係している物質は糖や脂肪、ミネラル、ビタミン、必須アミノ酸などです。このような物質が利用されています。食物からバランスよく摂取されるアミノ酸は受け皿である細胞できちんと受け止められます。

次にコンビナートである肝臓のアミノ酸貯蔵タンクに保管され、必要に応じて利用されることになります。そして合成と再利用を繰り返していきます。肝臓で貯蔵された必須アミノ酸は、完全必須アミノ酸と呼ばれている9種類なのですが、これらのアミノ酸は体内で造ることのできないものです。また基本的に造ることができないアミノ酸です。

口内炎ができ易いという方で原因不明の口内炎がおこった場合は、必須アミノ酸の吸収と安定的な貯蔵に関係して引き起こる症状が多いので、ただ単にタンパク質の摂取量だけでなく吸収と貯蔵というような機能的な問題についても指摘されています。必須アミノ酸を効率よく活用するには、まずアミノ酸流失を防止しあmす。そして、その対策として貯蔵タンクの壁(膜)強化したり吸収と貯蔵量の安定をはかっていきます。

身体の「要」を強化するということは、体質を改善するだけでなく健康と若さを維持するために直接関係してくる重要な機能だといえます。“体内コンビナート”である肝臓はとても大切な臓器です。口内炎による体質改善と食物代謝「五カ条」としては次のとおりになります。まず食物などを摂取しやすい形にして肝臓へ運搬する機能です。

そして肝臓で各物質を十分に貯めることができる貯蔵タンクと機能の維持、貯蔵した物資を必要に応じ利用することができる物質に造り替える機能の維持、肝臓から送られて、全身で利用された後の物質回収能力の維持、肝臓による回収物質の再利用と過剰した分の処理機能の維持などです。次に原因の分らない口内炎とビタミン剤についてご紹介します。ビタミン剤の服用する意義と免疫低下について論議を呼ぶことがあります。

口内炎で悩んでいる方の中には、ビタミン剤を愛用する場合もあります。ビタミン剤を用いると口内炎にたいして本当に効果があるのでしょうか? 口内炎がよく出来る方のばあいでビタミン欠乏症と診断される場合は、全体の約10~20%くらいです。血液検査をして欠乏症と診断されない限り、基本的に口内炎で服用しても無駄だということが解明されました。またビタミン以外でも口内炎に配慮した免疫力といえば完全必須アミノ酸の吸収、そして貯蔵、利用と代謝に配慮することが重要なポイントです。

原因不明の口内炎はホメオスターシス(恒常性の維持)に関係している場合もあります。傷による口内炎を除けば、そのほとんどは原因不明でできる口内炎だというゆに考えられます。口内炎については、これまでも色々な見解がありましたが、唾液と雑菌の関係に加えて唾液とストレスの関連についても無視できません。

原因の分からない口内炎は、ストレスなどによって発生するものと以前から考えられてきたのですが、体調不良や低体温による代謝の低下というように免疫力の衰えた時期に関係して出来ることもわかっています。免疫や抵抗力といえば“強い肝臓”を想像することになります。強い肝臓故に耐えて、それでも恒常性の維持のために健康を支えているのです。

残念なことに弱りや衰えを正確に把握する手段は、現代の医学をもってしても難しいことだといえます。そして、ついつい体を酷使してしまう毎日をくっているのではないでしょうか。原因の分からない口内炎は、不定とされている“沈黙の臓器”が弱っていて黄色信号をだしていると考えるべきです。しかも検査では特段の異常が現れ難い背景には、約3000億個もの細胞で構成されている肝臓の仕組みや500種類にも及ぶ機能と働きにあるのです。

原因不明の口内炎の場合は、まずはじめに健康を支えているベーシックな部分である細胞に配慮した対策が必要になります。口内炎を改善するためには、細胞の働きと膜の関係を無視することはできません。その為にハイパーレシチンの働きがあって細胞に届く物質が必要となります。体質改善の基本は、細胞膜を修復することによって気力や体力などを向上させることができますし免疫力を強化したり、健康をサポートすることができます。ノチラックのメリットを生かした口内炎の対策というものがあります。肝臓には物質をそれぞれ貯蔵するためのタンクがあります。そして、必要に応じて利用したり補給をおこなっています。

バランスの良い食事をとるようにしていてもビタミンなどの栄養素が不足していると思われる症状が起こることもあります。これは急激な刺激やストレスによって肝心のタンクに穴が空いてしまう状態なのです。これでは、免疫どころではありません。本来は自動的に修復されるべきものなのですが回復し難い体質であったり、負の連鎖がおこった場合には壁の修繕が必要となります。そのための原料は天然大豆ハイパーレシチンです。ノチラックは、細胞を包み込んでいる膜の構成成分なのですがノチラックを使用すれば次のような予防ができたり改善をおこなえます。まずは膜の成分を補給することによって貯蔵タンクの壁の穴を修復することができます。

そして物質の受け皿である貯蔵タンクは強化されますので十分に原料を確保することができます。そして受け皿となる肝臓細胞が強化されますので、細胞としての働きが戻ってきます。また免疫強化の第一歩は、摂取した物質を十分に吸収したり、貯蔵をおこない利用することです。ノチラックの約50%は肝細胞に無傷で到達しますので細胞膜を修復することによって強い代謝によみがえることができます。物質代謝の中心は肝臓なので脂質代謝を順調に維持することによって糖代謝や蛋白代謝の改善だけでなくて健康を維持することにも繋がりますし免疫代謝となります。原因不明でおこってしまった口内炎や肌荒れ、体調不良、そして肥満などは共通している弱点も多いため体質を向上させることは細胞を考えることだということがいえます。